皆さんは「DHA」という言葉を聞いたことがありますか?
あまり聞きなれない言葉で、この栄養素を気にすることはないのかもしれません。
けれども、DHAの不足によって動脈硬化を引き起こしてしまうこともあるのです。
効率よく摂取する方法を知って、健康な身体をキープしていきましょう!

DHAとは

血液をサラサラにする、脳を元気にして脳の老化を防ぐなど、健康や脳によいとされているDHA。
DHA(Docosahexaenoic Acid=ドコサヘキサエン酸)とは、一言で言えば「私たちの体に必須の脂肪酸(栄養素)」です。脂肪酸とは、脂質いわゆる「油」を構成するモトになるものです。
「必須」と言うだけに、人間の脳や目の網膜、それから心臓(心筋)、胎盤や精子、母乳に多く含まれています。
必須脂肪酸の「脂肪酸」とは、脂質をつくっている成分のこと。脂肪酸は、常温で固まりにくい「不飽和脂肪酸」と固まりやすい「飽和脂肪酸」のふたつに分類されますが、不飽和脂肪酸の中で、体内では合成できず外からの摂取が必要となるものが「必須脂肪酸」です。つまり食事を通じて摂取するしかないのです。
人間の脳は、水分を除く半分くらいが脂質といわれており、そのうちの4〜5%がDHAです。さらに、脳の中でも記憶や学習機能に重要な役割を果たす「海馬」には、他の部位の2倍以上のDHAが存在するとされています。それほど重要な存在でありながらも、必須脂肪酸であるDHAは、体内ではほとんどつくられません。そのため、DHAを含む食品などから摂取することが重要となるのです。

必須脂肪酸が不足するとどうなる?

大人はもとより、新陳代謝が活発な成長期の子どもには、必須脂肪酸の摂取が大切です。これらが欠如すると、エネルギーの生産能力の低下や脳の発育の遅れ、皮膚や臓器の障害などへのリスクが高まります。また、必須脂肪酸はコレステロールの代謝にも関与しているため、必須脂肪酸の不足は、高脂血症や高コレステロール血症、動脈硬化などの発症リスクも高めます。
そのほか、皮膚の弾力性の低下や湿疹、脱毛など、さまざまなトラブルが必須脂肪酸の不足によって引き起こされるのです。
これほど体にとって大切な必須脂肪酸ですが、必須脂肪酸の不足によって現れる症状は、ビタミンやミネラルなど他の栄養成分の不足によって引き起こされる症状と比べてわかりづらい傾向があります。そのため、ビタミンやミネラルは不足しないよう気を配っても、必須脂肪酸に関してはそれほど注意を払われていないのが現状です。
また、ダイエットのために脂質を制限する食生活などによって、必須脂肪酸を必要量摂取することが困難になっていると指摘されています。
将来深刻な病気にかかりたくなければ、「脂肪」という言葉に惑わされず、必要な量をほどよく摂取することが重要と言えます。

DHAはどんな効果があるの?

赤血球などの血液中の成分に柔軟性がなくなると、いわゆるドロドロの血液となって血流が悪化してしまいます。この状態が長期間にわたると、全身の細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなり、体にさまざまな不調が現れるため、不飽和脂肪酸であるDHAが、血液中成分をやわらかくし、血液をサラサラにしてくれるのです。
また、DHAにはコレステロール値の上昇を抑える働きや、中性脂肪を減らす働きもあるため、コレステロールや中性脂肪が血管の壁に溜まることで動脈硬化が引き起こされるため、DHAの摂取によって、動脈硬化予防に効果が期待できるのです。
DHAは神経細胞の膜の中に存在しており、DHAが神経細胞の先端のシナプスを介して神経伝達物質をやりとりしながら心身の機能をコントロールしています。
脳の神経細胞は、35歳を過ぎると1日10万個といったペースで死滅していき、さらに、神経細胞の膜の中のDNAも加齢とともに減りやすくなります。
DHAを日常的に十分摂取していると、脳の中のDHAの量が次第に回復し、脳の老化を抑えることが可能になるとされています。また、脳の働きを活性するのに重要となるNGF(神経成長因子)という栄養素の産出量を増やす働きがあることも明らかとなってきました。なのでアルツハイマー型認知症にも効果が期待されており、脳の活性化につながるのです。

どうやってDHAを摂ればいいのか?

DHAは、魚介類の中でも、いわしやサバ、さんま、アジ、クロマグロなど、特に青魚に豊富に含まれています。
効率よく摂取するならば、DHAは、焼く、煮る、揚げるなどの調理方法によって、魚に含まれる脂質が流れ出てしまいます。 また、食べ方にもよりますが、DHAをしっかりと摂取するのであれば、刺身など生のまま食べるのがおすすめです!
DHAを摂るには、魚の缶詰もいいです。それは、缶汁にDHAが多く含まれるためです。食べるときは調理方法などを工夫して、残さず利用しましょう。

まとめ

DHAは私たちの身体にとって必須脂肪酸であるため、太るから脂肪はとらないのではなく、健康な身体を作るためにはとても重要な栄養素!
必須脂肪酸が不足すると、高コレステロール血症、動脈硬化を引き起こすこともある!
DHAは、血流をサラサラにしてくれ、身体の不調を治してくれます。また脳の活性化を促進してくれます。
青魚に豊富に含まれており、そのまま刺身で食べることで、より効率的に摂取することができます。



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. 目指せシックスパック! 腹筋の働きと鍛え方

    目指せシックスパック! 腹筋の働きと鍛え方

    男女ともに鍛えるべき筋肉。その一つが腹筋でしょう。男なら誰もが憧れる…

    目指せシックスパック! 腹筋の働きと鍛え方
  2. カリウムがとっても豊富! 知られざるメロンの栄養素とは

    カリウムがとっても豊富! 知られざるメロンの栄養素とは

    「フルーツ界の貴婦人」とも呼ばれ、一般のご家庭でも親しまれているメロ…

    カリウムがとっても豊富! 知られざるメロンの栄養素とは
  3. 酸っぱいは健康のもと!疲労回復にはクエン酸

    酸っぱいは健康のもと!疲労回復にはクエン酸

    クエン酸とはレモン、みかん、グレープフルーツなど柑橘系の果物や梅…

    酸っぱいは健康のもと!疲労回復にはクエン酸
  4. 力こぶは男らしさの象徴! 上腕二頭筋の働きと鍛え方

    力こぶは男らしさの象徴! 上腕二頭筋の働きと鍛え方

    「力こぶ」とも呼ばれ、男らしさの象徴ともいえる上腕二頭筋。ここを鍛え…

    力こぶは男らしさの象徴! 上腕二頭筋の働きと鍛え方
  5. 二日酔い予防に効果アリ! 柿の効能とは

    二日酔い予防に効果アリ! 柿の効能とは

    日本では古くから食用として親しまれ、なんとその歴史は奈良時代までさかのぼるといわ…

    二日酔い予防に効果アリ! 柿の効能とは
  6. 今更聞けないアサイーフルーツの凄さ!

    今更聞けないアサイーフルーツの凄さ!

    少し前から「アサイー」という果物の名前を聞くようになりました。これを…

    今更聞けないアサイーフルーツの凄さ!
  7. 【HMBとは?】女性にも優しいサプリメント

    【HMBとは?】女性にも優しいサプリメント

    最近SNSで女性がトレーニングをした際、よく飲まれているサプリメ…

    【HMBとは?】女性にも優しいサプリメント
  8. SOD酵素を取り入れて 活性酸素を除去していこう!

    SOD酵素を取り入れて 活性酸素を除去していこう!

    今までの記事でも、「活性酸素」や「抗酸化作用」などというキーワードは…

    SOD酵素を取り入れて 活性酸素を除去していこう!
  9. 本当に安全なのか? 糖質制限ダイエットの危険性とは

    本当に安全なのか? 糖質制限ダイエットの危険性とは

    ダイエットの中でも、比較的続けやすく、簡単にダイエットが可能だと話題の「糖…

    本当に安全なのか? 糖質制限ダイエットの危険性とは

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP