美容オイルとは?

アルガンオイル、ホホバオイルといった美容オイルが、何の油なのか知らない方も多いはず。アルガン、ホホバというのは木の種類で、どちらのオイルも、植物の実から採れる油です。その他、いろんな植物から採れるので、美容オイルの種類も実にたくさんあります。しかも植物によって性質や効果もさまざまなのです。
ホホバオイルの中には、ワックスエステルという成分が含まれていますが、これは肌の角質層にも含まれている成分なので、なじみが良いのが特徴です。オイル特有のべたつき感が少なく、さらっとしているので、マッサージを行うときにも適しています。
アルガンオイルは、ホホバオイルよりも少し重めのテクスチャーですが、ビタミンEが豊富に含まれているので、体の酸化作用から守ることがで、シワやシミのできにくい、若々しい肌をつくります。
椿オイルは、酸化しにくいオレイン酸を多く含んでいる特徴があります。日本でも古くから親しまれ、スキンケアだけでなく、ヘアケアとしても使える優れたオイルです。
お肌への浸透率が高く、しっとりとなじみやすいことで人気があります。老化防止をサポートするパルミトレイン酸を多く含み、エイジングケアに良いと注目されています。
その他にも、これらをブレンドしたものや、馬油などの動物性オイルなど様々なオイルがありますが、肌の悩みに合わせて選ぶのもいいですし、それぞれ香りも違います。お気に入りのものを見つけてみるのもいいでしょう。

美容オイルの効果

保湿のために、化粧水をたっぷり使っている方は多いと思いますが、実はそれだけでは、十分な保湿とは言えないのです。肌は角質細胞という細胞が並ぶことで構成されていて、その細胞の隙間を埋めている細胞間脂質と呼ばれる脂質があります。角質細胞を守る役割を持っているため、細胞間脂質がもろい状態では、保湿をしてもすぐに水分は蒸発してしまいます。
細胞間脂質は油分と相性が良いので、美容オイルを与えると細胞間脂質の隅々までなじんでいきます。すると細胞に潤いのバリアを張り、肌の状態をキープすることができます。オイルには細胞間脂質の乱れを抑える効果もありますので、乾燥肌の方はもちろんのこと、オイリー肌の方が使えば、余計な過剰な皮脂の分泌を抑えることができて、肌質が改善される場合もあります。

乾燥肌には逆効果??

まず、オイルを塗っても、肌の水分蒸発を100%防ぐことはできません。蒸発を少し抑えられる程度なんです。
さらに気をつけなければいけないことは、オイルを塗った後の『しっとり感』です。
先ほどお話したとおり、オイルを塗った後も、肌の水分は蒸発していきます。でも、肌の表面が油分でしっとりしていると、『蒸発による乾燥を感じにくく』なります。
これは、実はとても危険なことです。
3つ目の注意点は、オイルを塗ると、肌に水分を与えられなくなることです。
先ほど、『肌表面の油膜は水をはじく』という話をしました。とはいえ、人の肌が作る油膜は、水分(汗)と油分(皮脂)が混ざったものです。
一方、オイル美容で使用されるオイルの多くは、油分100%です。肌が作る油膜よりも、水をはじく力が強いです
「朝、スキンケアをしたら、夜まで水分を補ったりしないから問題ないじゃない?」と思わるかもしれませんが、大問題です!
乾燥肌の方は、年齢を重ねると、『水分を維持する肌の機能』がどんどん衰えていきます。これはつまり、時間の経過とともに肌が乾燥するということです。
この状況を放置していると、シワやシミ・たるみなどの肌の老化現象を目立たせることにつながります。

美容オイルの正しい使用方法は?

オイルを美容液の代わりとして使っている方も多いのですが、そうでない方でも、化粧水、乳液、美容液などの毎日のスキンケアの最後に、1、2滴のオイルを塗るだけで、肌にはバリアが張られたような状態になります。オイリー肌の方の中には、「油分のあるものを使うと、ますます肌がべたつきそうで怖い」といって、化粧水しか使わない方も多いのですが、そんな方でも、化粧水のあとにオイルを1滴使うだけで、肌の保湿力が持続するため、過剰な皮脂をおさえることができます
オイルを直接肌に乗せることに抵抗があれば、化粧水や乳液に混ぜて使うのもいいでしょう。また、リキッドファンデーションに混ぜればメイクの持ちが良くなり、化粧直しの際に使うミストに混ぜれば、その後のお化粧のノリがよくなります。肌が柔らかくなることで、その後につける化粧水や美容液の浸透がよくなるので、化粧水の前にブースターとして使うのもいいでしょう!

まとめ

美容オイルはたくさんの種類があり、それぞれで変わってくる!
乾燥肌の人も、オイリーな人にも肌質の改善につながる
乾燥肌の方は美容オイルを塗ったから大丈夫なんて思わないで!油は水を弾くので、余計に乾燥の原因に
スキンケアの一番最後に少しでいいのでつけること!



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. ビーポーレンってなに?健康にいいって本当?

    ビーポーレンってなに?健康にいいって本当?

    私たちは日頃から、はちみつやロイヤルゼリーなど、ハチ関連の食べ物をよ…

    ビーポーレンってなに?健康にいいって本当?
  2. 効果はヨーグルト以上?!ケフィアに秘められたすごい力!

    効果はヨーグルト以上?!ケフィアに秘められたすごい力!

    近年、胃腸の状態を整える「腸活」が流行っていますよね。ヨーグルトなど…

    効果はヨーグルト以上?!ケフィアに秘められたすごい力!
  3. 【HMBとは?】女性にも優しいサプリメント

    【HMBとは?】女性にも優しいサプリメント

    最近SNSで女性がトレーニングをした際、よく飲まれているサプリメ…

    【HMBとは?】女性にも優しいサプリメント
  4. ジュースに近いが、栄養成分はピカイチ!プラントウォーターとは?

    ジュースに近いが、栄養成分はピカイチ!プラントウォーターとは?

    最近スーパーフードについて、よく調べているのですが、この前、より多く…

    ジュースに近いが、栄養成分はピカイチ!プラントウォーターとは?
  5. 体を支える大切な筋肉 脊柱起立筋とは

    体を支える大切な筋肉 脊柱起立筋とは

    筋トレ初心者の方にとって、脊柱起立筋はあまり馴染みのない…

    体を支える大切な筋肉 脊柱起立筋とは
  6. 今更聞けないアサイーフルーツの凄さ!

    今更聞けないアサイーフルーツの凄さ!

    少し前から「アサイー」という果物の名前を聞くようになりました。これを…

    今更聞けないアサイーフルーツの凄さ!
  7. ビタミンの不足は病気に繋がる??ビタミン摂取には気を付けて!

    ビタミンの不足は病気に繋がる??ビタミン摂取には気を付けて!

    誰しもが聞いたことのあるビタミンという言葉!けれど、ビタミンがど…

    ビタミンの不足は病気に繋がる??ビタミン摂取には気を付けて!
  8. 摂りすぎには要注意? オメガ6系脂肪酸とは

    摂りすぎには要注意? オメガ6系脂肪酸とは

    気にかけることは少ないかもしれませんが、必須脂肪酸のひとつとされ、皆さん…

    摂りすぎには要注意? オメガ6系脂肪酸とは
  9. あなたの肌は敏感肌?スキンケアをしっかりとやろう!

    あなたの肌は敏感肌?スキンケアをしっかりとやろう!

    特に女性の方で、敏感肌で毎日のケアが欠かせないという方は多いと思いま…

    あなたの肌は敏感肌?スキンケアをしっかりとやろう!

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP