最近、インスタグラムを見ていると女性の方がトレーニングジムに行ってトレーニングしたり、ボクシングジムに通ったりしている写真が多いと感じました!
女性インストラクターなども出てきており、トレーニングするのは男性だけではないと意識が変わってきています。
では女性にとってトレーニングはどのような効果があるのか、効能はそうなのか見ていきたいと思います。

筋肉をつける以外の効果とは?

引きしまった腹筋やウエストのくびれは健康的な美の象徴とも言えますよね!
筋肉がついた身体は、単にボディラインを美しくするだけでなく、健康面でも大きなメリットがあります。
筋肉を動かすことで血行がよくなり、身体のすみずみまで栄養と酸素が行き渡りやすくなるので、血色がよくなり健康的に見えるのです
筋肉量が増えることで、基礎代謝がアップし、食べても太りにくくなります
また、筋肉が落ちると免疫力が低下するといわれます。
内臓や血管の働きとも密接に関係しているため、筋肉をつけることで身体の内面から元気でいることができると考えられるのです。

バストアップやヒップアップへの効果

ヒップやバストが垂れてくるのは、加齢によるものだから仕方ないと、あきらめてしまっていませんか?
確かに年齢を重ねるにしたがって筋力が衰え、これまで支えることの出来ていたバストやヒップのお肉が重力に負けて徐々に垂れ下がっていくという現象は起こりえます。
しかし、トレーニングよって筋力をつけることで、こうした現象をある程度抑えることはできますし、体質や生活習慣を見直すことよっても垂れたお尻を改善することはできるのです。
大胸筋を鍛えることが、バストアップに効果的だということをご存じの方は多いと思います。
なぜ大胸筋を鍛えることがバストアップにつながるのでしょうか?
大胸筋はバストを支えるための土台です。
しかも、大胸筋が衰えるとバストが垂れてしまい、ハリを失ったように見えてしまいます。
また、大胸筋を鍛えることによりバストトップの位置をキープすることができます。
胸が大きい人ほど重みによってバストが垂れやすくなるため、積極的に大胸筋を鍛えてバストの位置を下げさせない努力が必要です。
ヒップアップはダイエットだけでは実現しませんし、筋トレだけでも成功しません。座り方や立ち姿など日常生活を見直すことは有効ですが、即・美尻を約束するものでもありません。
ダイエット + 筋トレ + 正しい姿勢、この3つを実践することで初めて実現するものなのです。

筋トレをすることでうれしいことは?

腹筋や横隔膜(おうかくまく)などの筋力が弱まると、腸の働きが悪くなることがあり、便秘になりやすくなります。便秘により老廃物が腸内に滞ると、有害物質が腸管から再吸収されて血管内へ流入し、体内へ回ってしまいます。それにより肌が荒れたり、身体がだるくなるといった不調にもつながってきます。筋力をつけることで、便秘や、それにともなう肌荒れなどの症状の予防、改善も期待できます。
特に女性に嬉しいのが、足のむくみの改善です。 足、特にふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれるように、血液をうまく循環させるためのポンプとしての役割があります。
筋トレを続けるというのは、はじめのうちはとても根気が必要な習慣です。
定期的にジムや自宅で運動する時間を確保するだけでなく、体づくりに欠かせない食事管理や休養も頭で考えなければいけません。
しかし、そうした習慣が身につくことで成功体験ができたとき、見た目だけでなく精神的な部分にも、筋トレは大きな効果を持っているのです

勘違いは危険?しっかりと継続を!

女性と男性ではそもそも同じトレーニングを行っても、筋力のつき方に大きな差があります。たとえ同じ量のトレーニングをこなしても、女性は男性のようにがっしりとした筋肉はなかなかつきません。
そのため「ダイエットはしたくないけどムキムキにはなりたくない」という女性も安心してトレーニングに励みましょう
ダイエット等を目的としている場合は食事抜きで行わないことです。勘違いしている人も多いですが、食事を抜いてダイエットをするというのは非効率的なのです。筋トレというのは筋肉を破壊する作業であり、食事は回復させる作業です。回復することができないと筋肉も成長をしません。ダイエットも効率的に行うことができないので、食事はしっかりと摂るようにしましょう!
筋トレは比較的続けた方がいいと言われますが、筋肉痛や体調によっては異なります。基本的に筋肉痛が酷い場合には筋肉が破壊され、乳酸が溜まっています。その状態のまま激しいトレーニングを行うことは負担も大きいので、続けることも大切ですが、休むことも筋トレには重要なのです。

まとめ

女性の筋トレは美を意識させ、健康面にも効果大
筋トレはヒップアップやバストアップに効果的!でもしっかりと食事をとることもわすれないで!
トレーニングは精神的にも強くなれる!継続は力なり
筋トレには休憩も大切!



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. ニンニクは元気の源!ちゃんと食べてエネルギーを蓄えよう!

    ニンニクは元気の源!ちゃんと食べてエネルギーを蓄えよう!

    韓国料理、イタリアン、中華など、様々な料理で活躍するニンニク。昔から…

    ニンニクは元気の源!ちゃんと食べてエネルギーを蓄えよう!
  2. ヨガってそもそも何?今更聞けないヨガの効果

    ヨガってそもそも何?今更聞けないヨガの効果

    最近、多くの女性がヨガにはまり行っていたり、サーフボードなどを使って…

    ヨガってそもそも何?今更聞けないヨガの効果
  3. 豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方

    豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方

    日本の食文化にかかせない「出汁」として古くから親しまれてきた昆布。実…

    豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方
  4. ハトムギを食べて身体の中から健康に!

    ハトムギを食べて身体の中から健康に!

    ハトムギって聞いたことありますか?「ハトムギ茶」など、少しは知っ…

    ハトムギを食べて身体の中から健康に!
  5. 誰もが一度は食べることのあるバナナ!栄養成分がすごかった

    誰もが一度は食べることのあるバナナ!栄養成分がすごかった

    健康に気を付けてか、朝バナナを食べることがあります。特に好きとい…

    誰もが一度は食べることのあるバナナ!栄養成分がすごかった
  6. 夏といえばやっぱりスイカ!スイカを食べて健康になろう

    夏といえばやっぱりスイカ!スイカを食べて健康になろう

    夏を象徴する食べものといえばやはりスイカですよね!皆さんはこの夏…

    夏といえばやっぱりスイカ!スイカを食べて健康になろう
  7. テスト

    乾燥は誰にでも起きる肌の悩みの一つです。毎日のスキンケアで正しい保湿を行なっていますか?…

    テスト
  8. 悪玉コレステロールは、そこまで悪ではなかった?意外と知らないコレステロール!

    悪玉コレステロールは、そこまで悪ではなかった?意外と知らないコレステロ…

    コレステロールはよく耳にするかもしれません。コレステロールの中に…

    悪玉コレステロールは、そこまで悪ではなかった?意外と知らないコレステロール!
  9. 海外では大人気!炭の美容効果

    海外では大人気!炭の美容効果

    海外で炭による美容への関心が再熱していることを耳にしました。炭で…

    海外では大人気!炭の美容効果

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP