夏になりたくさんのをかくようになりました。
夜寝ている間や、運動した後にどうしても腕や、ひざの後ろがかゆくなり、かいてしまい、真っ赤に肌荒れしていることもあります。
汗疹に悩まされている人も多いはず!
肌を多く露出する時期なのに肌が荒れていて恥ずかしい思いをしたくない!
今回は子供だけでなく大人の方も悩まされている汗疹について伝えていきたいと思います。

汗疹の原因って?

かゆみを伴う小さな赤いブツブツができるあせも。乳幼児によくみられますが、汗をたくさんかくこれからの季節は大人でも油断はできません。
掻き壊して化膿したりすると治りにくくなることもあるので、ほかの湿疹・皮膚炎と同じように早期に適切な治療を行うことが大切です。
あせもができるのは、大量に汗をかいたときに、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因です!
できやすい場所は、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい部分。
乳幼児の場合はおむつでおおわれている部分も、要注意ゾーンです。
暑くて汗をかきやすい夏場以外でも、汗をかけばあせもができる可能性はあります。
たとえば、高温多湿な環境で運動したときや、風邪のために熱が出たときなどです。湿布、包帯、ギプス、絆創膏、通気性の低い衣類の着用なども、汗管がつまりやすくなるためあせもができやすくなります。
また、一般的に大人よりも乳幼児にあせもができやすいのには理由があります。
実は汗腺の数というのは大人も乳幼児もほぼ同じ。つまり、乳幼児の場合は小さな面積に汗腺が密集しているため汗をたくさんかくのです。乳幼児は、汗を拭いたり、汗をかいたら着替えたりするなど、自分でスキンケアをすることができません。そのためお母さんがきめ細かくみてあげることがとても大切になるのです。

大人汗疹に気を付けて!

日本列島は連日の猛暑続き。
この暑さ、肌にも悪影響を及ぼしていて、実は子どもだけがなると思われていたあの「あせも(汗疹)」が、大人に急増しているのです!
本来「あせも」は、汗の出る”汗管”が大人より子どもの方が多いため、子どもにできる湿疹と思われていました。それなのに、何故大人に急増しているのでしょうか?
あせもは、出口をふさがれて皮膚の中にしみだした汗が行き場をなくして起こす炎症の事。その為、あせもは、汗をたくさんかくことと、汗の出口「汗管」が塞がれることの2つの条件が揃った時に発生します。
また、急な気温の変化や節電のためエアコンの設定温度を上げているのも影響を及ぼしているようです
そのほか、長時間椅子に座っているとか、エアコンの効いた室内では寒さ対策として長袖のカーディガンなどを羽織ってしまう人というも、知らず知らずのうちに汗をかいてしまうことがあるので要注意なのです!

汗疹は予防が大切!

汗疹にならないようにするのがいいのですが、だからと言ってエアコンの設定温度を低くし、寒い中にずっといるのがいいというと、そうではありません!
汗をかくことも大切なことです!なのでしっかりと予防や対策をしていかなければならないのです。
最も簡単にできる対策と言えるのは汗をこまめにふき取ることです。
ただし、乾いたタオルやハンカチで強く擦ってしまうと、皮膚を傷付けてしまうため、水で濡らして湿らせてから優しく拭き取るようにしましょう。
可能であれば汗をかいた時はすぐにシャワーに入って汗を綺麗に洗い流してしまいましょう
なお、その場合に熱いお湯を同じ個所に長く当ててしまうと、皮膚を傷めたり、体温が上がることでかゆみを感じやすくなったりすることから、ぬるま湯でさっと洗い流す程度で構いません。
運動するなど、あらかじめ汗をかくことがわかっている場合は、必ず着替えを用意し汗をかいたら着替えるようにすることをオススメします!
また最近は、速乾性に優れた機能素材を使用したいTシャツなども販売されていることから、運動で汗をかく時にはそのようなものを選ぶのもよいでしょう。
空気の乾燥しがちな冬は、保湿などのスキンケアを欠かさず行うという方も、湿度が高く皮脂量の増える夏は、つい肌へのケアを疎かにしがちです。
しかし、夏は紫外線による肌のダメージを始めとして、エアコンによる空気の乾燥など、以外と潤いが足りていないもの。
夏も冬と同様に、しっかりとスキンケアを行うことで、肌のバリア機能を低下させず、あせもの発症を防ぐことができます。

汗疹になってもあせらず対処!

こまめなケアで自然と治る場合もありますが、かゆみやブツブツを伴うとかき壊して化膿したり、とびひを引き起こしたりするケースもあります
あせもについては、「放っておいても治るのでは?」と考える方がおられるかもしれません。たしかに、白いあせもなら自然に治るケースがほとんどですが、問題は赤いあせもの方です。
赤いあせもにかゆみはつきものなので、日中触らないよう気をつけても、睡眠中に無意識にかき壊すこともあります。小さいお子さんの場合は注意をしても、つい気になってかいてしまうこともあるでしょう。
あせもをかき壊してやっかいなのは、指やつめに付着している黄色ブドウ球菌などが傷口から侵入して化膿したり、「とびひ」を引き起こすケースがあるからです。
かき壊してしまうと、皮膚のバリア機能が破壊され、細菌が増殖しやすくなります。これがさらに症状の悪化を招き、患部がジュクジュクと化膿したり、範囲を広げることにつながってしまいます。
そんなときは、ステロイド外用剤の中でも細菌の増殖を抑え症状のさらなる悪化を防ぐ効果のある抗生物質が配合された製品が適しています。たとえあせもをかき壊して化膿してしまっても、抗生物質配合のステロイド外用剤で、症状をダラダラ長引かせず、キレイに治しましょう

まとめ

汗疹は汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因!子供だけでなく、大人も気を付けて!
長時間椅子に座ったりエアコンの中にずっといると汗管に悪影響!
シャワーを浴びたり、服をこまめに変えたりと汗疹になる前に対策を!
なってしまっても放っておけ治りますが、しっかりと薬で治すことも大切!

参考サイト
http://www.hifunokoto.jp/ ヒフノコトサイト



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. プラセンタは栄養の宝庫?赤ちゃん肌を目指せ!

    プラセンタは栄養の宝庫?赤ちゃん肌を目指せ!

    プラセンタに含まれる成分とはプラセンタは「胎盤」を表す英語ですが、一…

    プラセンタは栄養の宝庫?赤ちゃん肌を目指せ!
  2. 酵素ってなんだ?酵素には知らない秘密がたっぷり!!

    酵素ってなんだ?酵素には知らない秘密がたっぷり!!

    この前、友達に「酵素って何?」と聞かれることがありました。自分も…

    酵素ってなんだ?酵素には知らない秘密がたっぷり!!
  3. 今さら聞けない‼︎ ファンダンウォーターとは!?【韓国で流行りのデトックス法】

    今さら聞けない‼︎ ファンダンウォーターとは!?【韓国で流行りのデトッ…

    最近、インスタグラムなどのSNSで見かけることがあったファンダンウォ…

    今さら聞けない‼︎ ファンダンウォーターとは!?【韓国で流行りのデトックス法】
  4. 【ホエイプロテインとは??】私に合うプロテインの選択は?

    【ホエイプロテインとは??】私に合うプロテインの選択は?

    プロテイン製品ってすべて一緒?一般的にタンパク質の摂取は、運動後30…

    【ホエイプロテインとは??】私に合うプロテインの選択は?
  5. 筋肉をつけるだけじゃない!若返り効果もあり!?

    筋肉をつけるだけじゃない!若返り効果もあり!?

    最近、インスタグラムを見ていると女性の方がトレーニングジムに行ってト…

    筋肉をつけるだけじゃない!若返り効果もあり!?
  6. 入浴には意味がある!しっかりとお湯につかろう!

    入浴には意味がある!しっかりとお湯につかろう!

    仕事や勉強が忙しくてシャワーだけという方も多いと思います。私も1…

    入浴には意味がある!しっかりとお湯につかろう!
  7. 今すぐナッツを買いに行け!あなたの健康、美容を助ける?

    今すぐナッツを買いに行け!あなたの健康、美容を助ける?

    ビールのおつまみにナッツを食べたりする人も多いかもしれません。ビ…

    今すぐナッツを買いに行け!あなたの健康、美容を助ける?
  8. グレープシードオイルって?あまり知られていない健康効果!

    グレープシードオイルって?あまり知られていない健康効果!

    突然ですが、皆さんはグレープシードオイルという油をご存知ですか?普段…

    グレープシードオイルって?あまり知られていない健康効果!
  9. DHAを知らないと、将来深刻な病気に?青魚を食べよう!

    DHAを知らないと、将来深刻な病気に?青魚を食べよう!

    皆さんは「DHA」という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞き…

    DHAを知らないと、将来深刻な病気に?青魚を食べよう!

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP