夏を象徴する食べものといえばやはりスイカですよね!
皆さんはこの夏たくさんスイカを食べましたか?スイカは多くの水分を含んでいるので夏には最適なんです。
けれどもそれだけではないんです!もっとすごい効能を秘めていることを皆さんは知っていますか?
そんなスイカの凄さに迫っていきたいと思います。

スイカの栄養成分

スイカの約90%は水分ですが、赤い果肉には抗酸化作用のある「βカロテン」と「リコピン」が含まれています。
スイカの果実や種子に含まれているカリウムは疲労回復や利尿作用があるとされています。夏の暑さで衰えた身体に優しく、夏バテに効果がある食材の一つです。
βカロティン抗発ガン作用免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
また、リコピンは、活性酸素を減らす働きがあり、老化予防に効果的と言われ、更に呼吸器系の免疫力を高めるともいわれています。
また、スイカには血流を改善するシトルリンという成分がふくまれているそうです。ただ、このシトルリンは200g以下の未熟果の方が2~3倍多く含まれていて、血圧抑制効果がある事が分かっています。

スイカを食べることによる効果

スイカには、たっぷりの水分とミネラル含有物による自然由来の解毒作用があります。スイカの水分は、体の毒素を体外に流し出したり、肝臓がアンモニアを無毒化するのを助けるため、腎臓を健康的に保つことができるのです。
また、がんの発生を促進するフリーラジカルの形成を妨ぎます。リコピンは、カロテノイド(野菜や果物の赤い色素)の一種で、スイカ1個中に、6.5ミリグラム含まれます。抗酸化作用が高く、細胞の損傷を防ぎ、活性酸素を減らし、抗炎症性があり、前立腺がんの予防に効くことがたくさんの研究で分かっています。
水かは水分が豊富なので、食べることで、水分と同時に、人間が汗をかく時に失うミネラルやカリウム、電解質も同時に補給でき、体の水分を保持するのに非常に優れているため、夏場の水分補給に最適です。
スイカに含まれているビタミンB6は、脳に働きかけ、特に勉強にほとんどの時間を費やしている学生にとって最高な食べ物なのです。それだけでなく、不安感が高まったり、気分が落ち込んだりした人はビタミンB6のレベルが低いことが分かりました。ビタミンB6は、セロトニンを分泌し、シナプスで情報伝達を介在する神経伝達物質のような働きをします。
スイカのように、脂質やコレステロールが低く、心臓を健康的に保つには、抗酸化作用の高い食事が好ましいといわれます。また、動脈硬化を促進し、循環器系の病気に深く関わっているフリーラジカルの働きを抑えて血管や動脈を保護します
シトルリンは、天然に存在するアミノ酸の一種であるヒスチジンやアルギニンのレベルをよい状態で維持し、動脈硬化の進行を防ぎ、動脈の弾力性を向上させます。また、動脈壁や血管の内膜で、一酸化窒素を発生させ、血栓がつかないように働いたり、酸化ストレスによる影響を緩和する効果があります。
また、2013年の研究では、スイカに含まれるシトルリンやアルギニンが、血液循環を改善し、乳酸の消費を促進して筋肉痛に効くことが分かりました。
スイカの中でも注目すべきコリンは、細胞膜の浸透圧や脂肪代謝の調節に作用する他、体を休める、筋肉の動き、学習や記憶、 細胞膜の働き、 神経インパルス(興奮)の伝達、慢性炎症を緩和など、多方面にわたって体の調子を整えるとても重要な栄養素のひとつです。

スイカの種も一緒にたべよう!

日本ではスイカの種を捨てる方が多いですよね。果肉と一緒に食べてしまっても、あとから種だけ出す、あるいはスプーンで取りのぞいてから食べる方もいるでしょう。
ところが、おとなりの国である中国では、どうやらスイカの種は食べるものというのが定説のようです。
中国では、スイカやヒマワリの種は食べるのが一般的だそうですよ。外の殻ごとローストして軽く味をつけて販売されています。
スイカの種もナッツ類のひとつなので、バランスよく栄養が含まれているのですが、特筆すべきは植物性タンパク質の多さ。なんと100g中約30gという含有率で、大豆にも匹敵する量の多さなのです。
お肉や魚に含まれる動物性タンパク質と比べても、植物性のほうが質がよく、スイカの種は優れたタンパク質の供給源ともいえます。
スイカの種には、脂質が100g中約50g含まれていますが、飽和脂肪酸はわずかに6g、不飽和脂肪酸は約40gも含んでいます。
ご存じの方も多いかと思いますが、不飽和脂肪酸は良質の脂肪酸であり、血中の中性脂肪やコレステロール値をコントロールしてくれる働きがあるとされています。現代人は、血液をサラサラにするためにも積極的に摂取するべき成分として、いま注目を浴びている成分なんですよ。

でもやっぱり食べすぎはダメ!

ほぼ全てが水分でできているので、風邪気味の方や妊娠中の方など、身体を冷やさない方が良い方は食べ過ぎには注意した方が良いのです。
逆に、発熱やノドの乾燥といった状態にまでヒドくなっていれば、スイカは解熱や水分・栄養補給に効果が期待できます。
口内炎など、お口の中にデキモノができている人。スイカを食べ過ぎると、利尿作用で水分が出てしまいます。快癒に必要な水分が減り、お口もちょっと乾燥しがちに。
口の中が乾いていると粘膜の免疫力が低下。デキモノは治りにくくなるか、さらにヒドくなってしまう恐れも!
健常な人に対してならむくみや利尿に効果アリなのですが、腎臓が弱い人は、水分を排出する機能が弱いので、カリウムを血中に貯めこんでしまうのです。病院でカリウムの摂取量制限などあるならNG。
スイカは大量に水分を含んでいるため、胃の消化液を薄めてしまい、食べ物の消化吸収に影響が出ると考えられます。特に食前に摂ると、食事量自体も減ってしまいかねません。
甘くておいしいスイカだけど、時には控えたほうがいいこともあるようです。ぜひ注意してください!

まとめ

スイカの約90%が水分!けれどもあらゆる栄養成分が凝縮されている!
健康への効果もばっちり!勉強の忙しい学生さんにも優しい食材!
スイカの種にも栄養満点!ぜひ食べてみてくださいね!
美味しくても食べすぎは厳禁!身体の弱い方は気を付けて!



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. 実はかぼちゃの仲間でβ-カロテンが豊富! ズッキーニの効能と食べ方

    実はかぼちゃの仲間でβ-カロテンが豊富! ズッキーニの効能と食べ方

    イタリア料理などによく使用され、最近では認知度の上昇から、スーパーな…

    実はかぼちゃの仲間でβ-カロテンが豊富! ズッキーニの効能と食べ方
  2. お酢の効果ってこんなにすごいの?すぐにお酢を取り入れた料理を!

    お酢の効果ってこんなにすごいの?すぐにお酢を取り入れた料理を!

    昔から、お酢は体に良いと言われてきて、トレーニング後の食事などでお酢…

    お酢の効果ってこんなにすごいの?すぐにお酢を取り入れた料理を!
  3. 女性の間でも話題のクロスフィットトレーニングとは?

    女性の間でも話題のクロスフィットトレーニングとは?

    近頃、テレビやソーシャルメディアで何かと話題のクロスフィットですが、…

    女性の間でも話題のクロスフィットトレーニングとは?
  4. リバウンドはなぜしてしまう?あなたの体は大丈夫?

    リバウンドはなぜしてしまう?あなたの体は大丈夫?

    ダイエットをしている人たちにはあまり聞きたくないことかもしれません。…

    リバウンドはなぜしてしまう?あなたの体は大丈夫?
  5. 夏バテにも効果的! 奄美大島のソウルドリンク「ミキ」とは?

    夏バテにも効果的! 奄美大島のソウルドリンク「ミキ」とは?

    長寿大国として有名な奄美大島。ご存じない方も多いかもしれませんが、奄美大…

    夏バテにも効果的! 奄美大島のソウルドリンク「ミキ」とは?
  6. 睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!

    睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!

    人生の三分の一を占める睡眠。そんな睡眠の大切さはわかっていて…

    睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!
  7. 意外と知らない身体で活躍しているナイアシン!

    意外と知らない身体で活躍しているナイアシン!

    ナイアシンは多くの食品に含まれているので、そこまで不足するということ…

    意外と知らない身体で活躍しているナイアシン!
  8. 乳酸菌の与える力は大きい!

    乳酸菌の与える力は大きい!

    乳酸菌といえば、ヨーグルトやバター、チーズなどに含まれる、私たちの生…

    乳酸菌の与える力は大きい!
  9. 豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方

    豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方

    日本の食文化にかかせない「出汁」として古くから親しまれてきた昆布。実…

    豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP