ダイエットをしている人たちにはあまり聞きたくないことかもしれません。
けれども、しっかりとリバウンドのメカニズムを知っていれば、恐れることもないのです。
効果的にダイエットできるように知識をつけていきましょう!

リバウンドはなぜしてしまうのか!

ダイエットに成功した人が、それをやめた途端に、元の体重やそれ以上に体重が増えてしまう現象のことをリバウンドと言います。日本人でダイエットをした人のうち、60%以上がリバウンドを経験しているといわれているので「自分にも経験がある」という方も少なくないはずです。
リバウンドの原因は意志が弱いなどの「本人の気持ちの問題だけ」だと捉えられがちです。しかし、本当は体のメカニズムが関係しています。そのキーワードとなるのが「ホメオスタシス」と「レプチン」です。
ホメオスタシスは、「恒常性」とも呼ばれ、体の内部環境を生存に適した一定の状態に保とうとする機能のことです。ダイエットをすると、始めのうちは順調に体重が落ちていたのに、ある時期に差しかかると、急に体重が落ちにくくなります。このような時期を「停滞期」とも言いますが、この原因こそホメオスタシスなのです。
停滞期に入ると、挫折してダイエットをやめてしまう人がいます。けれども、ホメオスタシスは、一旦発動されるとそのまましばらく機能し続けます。その結果、食事量を戻すと余分な脂肪が蓄積してしまい、リバウンドが起こると考えられています。
レプチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンです。レプチンが分泌されて脳の視床下部にある「満腹中枢」が刺激されます。
ダイエットで食事量を減らしていると、レプチンの分泌量が減るため、満腹感を得にくくなるとともに脂肪も分解されにくくなります。食事量を元に戻せばレプチンの分泌量も元に戻っていきますが、適正量に戻るまでには、1か月ほどかかります。つまり、その間は満腹感が得にくくて食事量が増えやすく、エネルギー消費も低下しているのでリバウンドをしやすいということです。

リバウンドのしやすい体質は?

ダイエットの「停滞期」に入ると、挫折してリバウンドしがちです。停滞期は、短期間で急激に減量したときに訪れます。この状態はしばらく続くので、停滞期に食事量を元に戻すと、リバウンドしやすくなります。
食事制限だけに頼るような無理なダイエットをしていると、ダイエットとリバウンドをくり返してしまいがちです。これを、ヨーヨーに例えて「ヨーヨー現象」と呼びます
よく噛まずに早食いをする人は、レプチンが満腹中枢を刺激する前に食べ過ぎてしまい、太りやすくなってしまうのです。
エネルギーを燃やして、体温の元になる「熱」を生み出しているのは筋肉です。しかし、食事制限だけに頼る無理なダイエットをしていると、エネルギー不足に陥った体が、筋肉も分解してエネルギー源にするため、どんどん筋肉が落ちていきます。すると、体が十分な熱が生み出せなくなるので、冷え性になってしまいます。また、体温が1℃下がると基礎代謝が12%も低下してするといわれています。

リバウンドをしないためには?

省エネモードに入ったホメオスタシスの機能が治まるには、1か月ほどかかるといわれています。その間は、食事からのエネルギーの吸収率も高くなっているのです。このため、この期間中にダイエットをやめて食事量を元に戻すと、あっという間にリバウンドしてしまいます。ですから停滞期が来ても、食事量は1か月間そのままにしておくのがいいのです!
運動をせず、食事制限だけを行う無理なダイエットをすると、脂肪だけでなく筋肉まで落ち、「基礎代謝」が低下してしまいます。基礎代謝とは、体温維持や、呼吸、内臓の活動など、生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことで、1日の総消費エネルギーの約60%は基礎代謝によって消費されます。
このため、基礎代謝が落ちると、エネルギーが消費されにくくなり、痩せにくい体になってしまうのです。ダイエットをするときは、運動も取り入れて筋肉をつけ、基礎代謝を落とさないようにしましょう。

運動をしないダイエットってどうなの?

ネットで検索をすれば、「運動なしで痩せられる」ようなことはたくさん書かれています。
けれどもこれまで話してきたように、食事制限だけしても、一時は痩せられますが、すぐに体重が戻ってしまったり、ダイエットする前よりも重たくなってしまいます。しっかりと食事と運動をすることで、理想の体重になり、それを維持することができるのです。
また、トレーニングをすることで成長ホルモンが分泌され、肌の調子も良くなるのです。
女性にとってはとても嬉しいことで、こうしたことでも効果が出てくるとやる気が出てきますよね!
みなさんも間違ったダイエットをしてリバウンドしないように、少し自分に厳しく頑張ってみてください!

まとめ

リバウンドには「ホメオスタシス」と「レプチン」が原因で、一定の期間になると体重が減少しなくなったり、満腹中枢が刺激されなうなる!
食事制限だけのダイエットはだめ!食事もしっかりと噛んで食べるように!
運動をすることで基礎代謝を低下させないように!それがリバウンドしないことにつながる!
ダイエット中のトレーニングで肌もキレイに!



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. 脱ポッコリお腹!烏龍茶で気軽にダイエット!

    脱ポッコリお腹!烏龍茶で気軽にダイエット!

    みなさんGWはいかがお過ごしですか? だんだん温かくなり、夏が近づい…

    脱ポッコリお腹!烏龍茶で気軽にダイエット!
  2. ハトムギを食べて身体の中から健康に!

    ハトムギを食べて身体の中から健康に!

    ハトムギって聞いたことありますか?「ハトムギ茶」など、少しは知っ…

    ハトムギを食べて身体の中から健康に!
  3. パントテン酸とは?その驚きの効果と摂取方法

    パントテン酸とは?その驚きの効果と摂取方法

    突然ですが、パントテン酸という言葉を聞いたことはありますか?あまり聞…

    パントテン酸とは?その驚きの効果と摂取方法
  4. 【ホエイプロテインとは??】私に合うプロテインの選択は?

    【ホエイプロテインとは??】私に合うプロテインの選択は?

    プロテイン製品ってすべて一緒?一般的にタンパク質の摂取は、運動後30…

    【ホエイプロテインとは??】私に合うプロテインの選択は?
  5. お酒との相性バツグン! 枝豆の効能とは

    お酒との相性バツグン! 枝豆の効能とは

    お酒のおつまみとして、男女問わず人気がある食材の一つ、枝豆。普段居酒屋な…

    お酒との相性バツグン! 枝豆の効能とは
  6. 赤み成分が栄養満点! 鮭がもつ効能・食べ方の注意点

    赤み成分が栄養満点! 鮭がもつ効能・食べ方の注意点

    おにぎりに入っていたり、蒸し焼きにして食べたりと、普段口にする機会が…

    赤み成分が栄養満点! 鮭がもつ効能・食べ方の注意点
  7. 風邪・インフルエンザの季節はリンゴを食べよう!

    風邪・インフルエンザの季節はリンゴを食べよう!

    冬になるとどうしても流行るのがインフルエンザですよね。感染してしまう…

    風邪・インフルエンザの季節はリンゴを食べよう!
  8. この夏、汗の効果を知っていい汗をかこう!

    この夏、汗の効果を知っていい汗をかこう!

    夏になると厄介なのがやはり汗ですよね!ベトベトするし、臭くなるし…

    この夏、汗の効果を知っていい汗をかこう!
  9. スーパーフード「カカオニブ」の秘密!

    スーパーフード「カカオニブ」の秘密!

    最近、注目されるようなスーパーフードがさらに出てきました!その名…

    スーパーフード「カカオニブ」の秘密!

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP