EGFとはどんな成分なのでしょうか?
私も初めて知った成分なのですが、美容を意識している女性は知っているかと思います。
女性向けの記事になってしまいましたが、最近肌を気にしている男性にも得ることは多くあるかと思います。
ぜひこのEGF配合の化粧品を試してみてください。

EGFとは?

EGF(上皮成長因子、Epidermal Growth Factor)は、お肌の表面(上皮)にある細胞の成長と調節に重要な役割をする53個のアミノ酸と3つの分子内結合で形成されるタンパク質で、アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が1962年に発見しました。
人が本来持っているタンパク質で、人の唾液や母乳などにも多く含まれているそうです。
このEGFは、もともとは火傷や創傷などを負ったお肌の皮膚再生医療皮膚移植、角膜切開による傷の回復促進として研究されていた成分なのです。
お肌の上皮(皮膚・粘膜など)の細胞にある上皮成長因子受容体(EGFR)と結びついてチロシンキナーゼを活性化して、新しい細胞をつくったり増やしたり、また正常に働くために調節する作用があります。

EGFの美容効果

EGFは、お肌を若々しく保つ「人成長ホルモン」を活性化して、シミやくすみ、たるみなどの肌トラブルを改善して健康的な肌へと導きます。
具体的には、まず始めに、ターンオーバーのリズムを整えてくれます
EGFは、新しい細胞の成長を促すことから、新陳代謝を活性化して肌のターンオーバーのリズムを整えてくれるのです。
ターンオーバーが整うと、肌内部で生成されたメラニン色素が垢と共に排出されやすくなるので、シミのない透明感のある肌を目指すことができます。
また、肌の余分な角質が剥がれやすくなるため、滑らかな肌になったり、化粧水美容液などが角質層に浸透してくれるのです。
次に、シワの予防や改善に役立ちます。
加齢によってEGFが減少すると、肌の老化が進むためシワができやすくなります。
しかし、不足しているEGFを補うことで新しい細胞の成長が促されれば、シワの予防や改善に役立ってくれるのです。
最後に、潤いやハリのある肌に整えてくれます。
肌の表面に位置する角層は、角層細胞と細胞間脂質で構成されており、水分と油分のバランスを保つことで皮膚のバリア機能が十分に働いてくれます。
しかし、細胞の成長が滞ることで皮膚のバリア機能が低下すると、肌が乾燥しやすくなり、外部の刺激に弱くなってしまうのです。
EGFには細胞の機能を正常化する働きがあることから、皮膚のバリア機能を整える効果が期待できるため、うるおいやハリのある肌を目指すことができます。

効果的なスキンケア商品とは

EGF自体の効果は科学的にも実証されているのですが、EGF配合の化粧品は品質や配合量に問題がある場合もあるのです。EGFが含まれているという言葉に騙されるのではなく、しっかりと表記を見て購入しなければなりません。
確認するポイントをいくつか確認しておきましょう。
まず1つ目に、EGFが配合されているのか確認することです。
EGF配合をうたった化粧品の中には、EGFと似た効果を得られる別の成分が配合されている場合や、そもそも新細胞生成の効果があるものはなにも配合されていないといったケースもあります。
EGFは「ヒトオリゴペプチド-1」、FGFは「ヒトオリゴペプチド-13」と記載されています。
2つ目には、EGFの配合量を確認することです。
EGFの配合基準値は、日本EGF協会のガイドラインによって定められているのです。
「1ml中に0.1μmg以上配合」が基準値となっており、これを下回った場合はEGF配合化粧品とは言えないので注意が必要です。
最後に、ドクター監修商品であるかということです。
皮膚科などのドクターが監修している商品であれば、科学的根拠がしっかりしており、品質としても信頼できますよね。迷ったらドクター監修の印があるものを選択するのもひとつの方法です。

EGFのデメリットはあるのか?

EGFはノーベル賞にも認められるほどのものであり、日本でもしっかりと厚生労働省の認可もでているれっきとした安全の保証されている成分です。
もともと体に持っている成分で、その成分を補充するものですから、つけすぎたからと言って、副作用もないそうです。
けれども、体調や体質などにより、かゆみなどを引き起こすこともあるそうなので、正しい知識を得て、納得して使用することをおススメします。

まとめ

  • EGFは、人間の身体にもともと備わっているものであり、細胞の成長や機能を整えてくれる働きがあります。
  • EGFの美容効果は、主に肌の再生で、潤いやハリのある肌に整えてくれるのです。
  • スキンケア商品を選ぶ際には、EGFが配合されているのか含有量はどのくらいなのかを気にすることが必要になってきます。
  • 副作用はないものの、人によって合う合わないがあるそうなので、心配な方は医師に相談するのもいいでしょう。



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. プラセンタは栄養の宝庫?赤ちゃん肌を目指せ!

    プラセンタは栄養の宝庫?赤ちゃん肌を目指せ!

    プラセンタに含まれる成分とはプラセンタは「胎盤」を表す英語ですが、一…

    プラセンタは栄養の宝庫?赤ちゃん肌を目指せ!
  2. そもそもルイボスティーって何がすごいの?今更聞けないルイボスティーの凄さ

    そもそもルイボスティーって何がすごいの?今更聞けないルイボスティーの凄…

    ルイボスティーとは??「ルイボス」とは、現地の言葉で「赤い茂み(Re…

    そもそもルイボスティーって何がすごいの?今更聞けないルイボスティーの凄さ
  3. アルプチンは安心!美白効果のある成分!

    アルプチンは安心!美白効果のある成分!

    アルブチンの美白効果は有名だと思います。ハイドロキノンとは異…

    アルプチンは安心!美白効果のある成分!
  4. 本当に安全なのか? 糖質制限ダイエットの危険性とは

    本当に安全なのか? 糖質制限ダイエットの危険性とは

    ダイエットの中でも、比較的続けやすく、簡単にダイエットが可能だと話題の「糖…

    本当に安全なのか? 糖質制限ダイエットの危険性とは
  5. 【芋類の効能は全部一緒?】普段食べている芋類の効能とは?

    【芋類の効能は全部一緒?】普段食べている芋類の効能とは?

    日常生活の中でよく接するポテトチップスから始め、和食のとろろ、そしておで…

    【芋類の効能は全部一緒?】普段食べている芋類の効能とは?
  6. 誰もが一度は食べることのあるバナナ!栄養成分がすごかった

    誰もが一度は食べることのあるバナナ!栄養成分がすごかった

    健康に気を付けてか、朝バナナを食べることがあります。特に好きとい…

    誰もが一度は食べることのあるバナナ!栄養成分がすごかった
  7. ライスミルク?あなたもこの美味しさにはまるかも!

    ライスミルク?あなたもこの美味しさにはまるかも!

    皆さんはライスミルクを知っていますか?私も知らなかったのですが、…

    ライスミルク?あなたもこの美味しさにはまるかも!
  8. 今から改善を!生活習慣病の恐ろしさ

    今から改善を!生活習慣病の恐ろしさ

    あなたは生活習慣病を気にしたことがありますか?生活習慣病には、高血圧…

    今から改善を!生活習慣病の恐ろしさ
  9. 夏にはやっぱり夏野菜!旬だからこその効果も満載

    夏にはやっぱり夏野菜!旬だからこその効果も満載

    夏の食材といえば、キュウリやナス、トマトとといった夏野菜が思い浮かぶ…

    夏にはやっぱり夏野菜!旬だからこその効果も満載

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP