健康のためにジョギングをしているという方は多くいると思います。
けれども、中には走るのが嫌いだったり、辛いのが嫌だと挫折してしまったという方もいると思います。
けれども、そんなに追い込まなくても効果的に有酸素運動ができるのです。
それがスロージョギングなのです。ただ少し遅くしただけなのです。
本当に効果があるのか疑問に思っている方もいるかもしれませんが、実際に試してみてください!

スロージョギングとは

スロージョギングとは、パートナーと会話を交わしながらでも行えるほどの速度で行うスローペースなジョギングのことです。
客観的には乳酸が急増し始めるランニング速度あるいはそれ以下で、ヒトにより速度が違います。
これは、疲労がたまらない強さですから、誰でもラクに楽しく始める事ができ、継続しやすい運動です。
例えば、高齢者や運動経験の少ない人は、歩く速度か、むしろそれより遅いペースで行います。無理をせず、自分にあった適切な運動強度で行うことが大切です。

スロージョギングをすることで、、、

ジョギングは運動であるため、ダイエットに効果的な有酸素運動で、だれでも手軽に始めることができる運動なのです。
続けてこそダイエット効果は発揮されるのですが、ウォーキングをするよりも消費カロリー1.6倍であり、脂肪燃焼効果も高くしてくれるのです。
心拍数を抑えられるので、脂肪燃焼率が高まる」と説明されることもあります。
この脂肪燃焼率とは、消費カロリーの内、どれだけ体脂肪をエネルギーとして使っているかという割合です。
体がエネルギーとして使うのは、主に脂肪と糖質です。
糖質の方がエネルギーになる速度が速いので、激しい運動では糖質を多く、軽い運動では脂質を多く使います。
そのため、軽い運動であるスロージョギングは、通常のジョギングより脂肪燃焼率を高められます
また、ジョギングしている時間も1日20分~30分ほどでよく、空き時間にさっと走るだけなのです!

効果的なスロージョギングのやり方

姿勢は、背筋をまっすぐに伸ばして肩の力を抜き、軽くひじを曲げます。
歩幅が大きいと膝や足首に負担を掛けてしまうため、歩幅の目安は、普段の歩幅の半分を意識して、リズミカルに走りましょう!
また、足のかかとから着地するのではなく、足の指の付け根前足部から着地することを意識します。
着地の際のひざへの衝撃を軽減して、足腰に負担を与えずに走ることができます。
スロージョギングと普通のジョギングは、速度走法の点で異なります。
走りながら笑顔が保てるほどのスローペースで行うスロージョギングに対して、ジョギングは時速7~9kmほどで行います。スロージョギングを行う際には呼吸法はあまり気にする必要はありません。
基本的にはウォーキングよりも少し速いスピードで行いますが、前を走る人を追い越さないほどのゆっくりしたペースで走るように心がけましょう。

気を付けることは?

スロージョギングでは、1日20~30分ほど行うことが好ましいとされています。長く走れば、それだけ体内の脂肪が燃えやすくなりますが、足腰を痛めることにつながるオーバーワークには注意してください。
どんな運動でもそうですが、脱水症状予防のために、水分補給はするようにしましょう!
スロージョギングは、普通のジョギングとは違い、大きくダラダラと汗をかきませんが、軽い運動だと思っていても、徐々に汗をかくので、気づかないうちに脱水症状を引き起こしてしまうこともあります。
なので脱水症状の予防のためにも、スロージョギングの前はもちろん、運動中も水分補給を忘れずに行ってください。

まとめ

  • スロージョギングとは、疲れがたまらない強度で、誰もがラクに楽しめる有酸素運動!
  • スロージョギングはウォーキングよりも消費カロリーが低く、脂肪燃焼に効果的でダイエットには最適!
  • 姿勢よく、歩幅は大きすぎないように!の負担にならない程度に
  • オーバーワークには気を付けて!故障の原因や、脱水症状になりえる!

    参考サイト
    ヘルスケア大学(http://www.skincare-univ.com/article/019720/)



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. 二日酔い予防に効果アリ! 柿の効能とは

    二日酔い予防に効果アリ! 柿の効能とは

    日本では古くから食用として親しまれ、なんとその歴史は奈良時代までさかのぼるといわ…

    二日酔い予防に効果アリ! 柿の効能とは
  2. ミドリムシってそんなにすごいの?その驚くべき効果とは!?

    ミドリムシってそんなにすごいの?その驚くべき効果とは!?

    小学生の時、科学の授業でよく「ミドリムシ」について実験しましたよね。…

    ミドリムシってそんなにすごいの?その驚くべき効果とは!?
  3. そもそもルイボスティーって何がすごいの?今更聞けないルイボスティーの凄さ

    そもそもルイボスティーって何がすごいの?今更聞けないルイボスティーの凄…

    ルイボスティーとは??「ルイボス」とは、現地の言葉で「赤い茂み(Re…

    そもそもルイボスティーって何がすごいの?今更聞けないルイボスティーの凄さ
  4. 乳酸菌の与える力は大きい!

    乳酸菌の与える力は大きい!

    乳酸菌といえば、ヨーグルトやバター、チーズなどに含まれる、私たちの生…

    乳酸菌の与える力は大きい!
  5. 「リコピン」ってなに? トマトを食べて肌美人に! 

    「リコピン」ってなに? トマトを食べて肌美人に! 

    最近は雨が多くて、もうすぐ梅雨入りって感じですね。ちょっ…

    「リコピン」ってなに? トマトを食べて肌美人に! 
  6. 【毎日2.3リットル⁉】意外と知らない体に必要な水分量とは?

    【毎日2.3リットル⁉】意外と知らない体に必要な水分量とは?

    体に必要な水分量ふだん何気なく飲んでいる「水」。多くの方がご存知かと…

    【毎日2.3リットル⁉】意外と知らない体に必要な水分量とは?
  7. 睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!

    睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!

    人生の三分の一を占める睡眠。そんな睡眠の大切さはわかっていて…

    睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!
  8. 夏といえばやっぱりスイカ!スイカを食べて健康になろう

    夏といえばやっぱりスイカ!スイカを食べて健康になろう

    夏を象徴する食べものといえばやはりスイカですよね!皆さんはこの夏…

    夏といえばやっぱりスイカ!スイカを食べて健康になろう
  9. 王様の野菜?モロヘイヤの栄養と効能

    王様の野菜?モロヘイヤの栄養と効能

    夏に旬を迎えるモロヘイヤ。刻むと出てくるネバネバが特徴的で、さっとゆ…

    王様の野菜?モロヘイヤの栄養と効能

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP