アルブチン美白効果は有名だと思います。
ハイドロキノンとは異なり、安全で効果に期待できるのですが、アルブチンがあるから日焼け止めは塗らなくていいというわけではないのです。
アルブチンはシミを作らせないようにする役割はあるものの、もともとあったシミを消すことはできないのです!
アルブチンの成分をしっかりと知ったうえで使用するようにしましょう!

アルブチンとは

アルブチンは、メラニンを抑制することで美白効果が期待できる成分として、美容皮膚科やドクターズコスメで使用されています。同じく美白効果が高いといわれているハイドロキノンの配糖体で、美白効果が認められた成分として厚生労働省にも認可されています。
アルブチンには、α-アルブチンβ-アルブチンの二種類があります。ハイドロキノンブドウ糖を転移させて作った人工成分α-アルブチン、コケモモやナシ、ウワウルシといった植物の葉に含まれる天然成分β-アルブチンです。
以前はアルブチンと言えばβ-アルブチンのことを指していましたが、近年では効果と安全性の高さからα-アルブチンを採用した商品が多くなってきています。α-アルブチン美白効果は、β-アルブチンの実に10倍と言われているのです。

アルブチンの効果

肌に沈着する色素はメラノサイトで生成される「メラニン」と呼ばれるもの。このメラニン色素には紫外線などから肌をガードしたり髪の毛を黒く染めたりといった重要な役割があるのですが、肌のメラニン色素が排出されなければ、そこに留まってしまい、シミやそばかす、くすみの原因となってしまうのです。
メラニン色素を合成するためにはチロシナーゼ(モノフェノールモノオキシゲナーゼ)という酸化酵素が必要不可欠なのですが、アルブチンはこのチロシナーゼに働きかけ、メラニン色素の合成を阻害する働きがあるのです。
そのため、この働きにより、シミやそばかすの生成がブロックされるというのです。
美白作用=すでに肌にあるシミを消す作用」を期待する方は多いのですが、残念ながらアルブチンにはその作用はないということなのです。あくまでもこれからできるシミを作らせないようにすること、予防美白こそがアルブチンの持つチカラなのです。

アルブチンの効果的な使用方法

安全性が高いからと言って、むやみに使ってよいというものではありません
商品ごとに決められた用法や用量を守って、安全に使用することが大切です。
ビタミンCは、メラニン生成を抑える働きがあるので、アルブチンと併用するとより効果的にシミを改善できます。
コラーゲン生成やターンオーバーを促進する働きがあり、シミやくすみをより薄くしてくれるため、今では多くの化粧品に、アルブチンとビタミンCが同時配合されています。
アルブチンは安全とはいえ、アルブチン以外の肌に合わない成分が入っている可能性があります。敏感肌やアレルギー体質の方は特に、事前にパッチテストをしてみることをおすすめします。
希望に合う商品探しでは、美白化粧品を特集した口コミサイトが便利です。

アルブチンを使用するうえでの注意点!

その強力な美白効果ゆえに、ハイドロキノンには使用法や濃度によっては白斑のリスクがあり、白斑にはならなくても赤みやかぶれが発生することがあるのです。
アルブチンはそもそも、副作用の心配がない美白成分を作ることを目的に開発されたものです。ハイドロキノンとは異なり、皮膚にかかる負担は少ないというアルブチンの安全性が確認されています。
その安全性の高さからアルブチンの配合に関する規制はなく、医薬部外品以外の化粧品にも配合されています。原液に近いものを塗布するようなことはもちろん危険ですが、一般的に販売される化粧品に含まれているものではそのようなリスクはなく、安心して利用することが可能です。
また、アルブチンを使って美白しているからと言って、紫外線を浴びても大丈夫というわけではありません
紫外線対策をしなければ、シミの元が増え続けるだけなのです。
紫外線予防とアルブチンでの美白ケアを同時に行うことで、より予防効果、美白効果が発揮されます。

まとめ

アルブチンは、安心で美白効果抜群!
アルブチンの美白効果はすでにある肌のシミをなくすのではなく、シミを作らないようにしてくれる成分なのです。
ビタミンCと併用することにより、より効果が上がるだけでなく、ターンオーバーを促進してくれます。
安心だからといって、使用のしすぎは禁止!アレルギーなどがないのか、しっかりと調べること!



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. お尻のたるみを改善しよう! 大殿筋の鍛え方、働き

    お尻のたるみを改善しよう! 大殿筋の鍛え方、働き

    最近では女性芸能人もこぞってトレーニングに励んでいると話題の大殿筋。…

    お尻のたるみを改善しよう! 大殿筋の鍛え方、働き
  2. 便秘解消や夏バテ予防にも最適! とうもろこしの栄養 おすすめの食べ方とは

    便秘解消や夏バテ予防にも最適! とうもろこしの栄養 おすすめの食べ方と…

    夏野菜の定番食材の一つともいえるとうもろこし。その甘さが子供たちに人…

    便秘解消や夏バテ予防にも最適! とうもろこしの栄養 おすすめの食べ方とは
  3. 睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!

    睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!

    人生の三分の一を占める睡眠。そんな睡眠の大切さはわかっていて…

    睡眠の質をあげる第一歩。入眠儀式をしよう!!
  4. ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?ビフィズス菌の効果も

    ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?ビフィズス菌の効果も

    ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?ビフィズス菌のもっとも大きな特徴は、ヒ…

    ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?ビフィズス菌の効果も
  5. 寄生虫の心配は? カツオがもつ優れた効能と、安全な食べ方とは

    寄生虫の心配は? カツオがもつ優れた効能と、安全な食べ方とは

    春と秋の2回旬が訪れ、いつでも新鮮なものが味わえることで人気のカツオ…

    寄生虫の心配は? カツオがもつ優れた効能と、安全な食べ方とは
  6. 化粧水=保湿ケアは間違ってる? 正しい乾燥スキンケア!!

    化粧水=保湿ケアは間違ってる? 正しい乾燥スキンケア!!

    乾燥は誰にでも起きる肌の悩みの一つです。毎日のスキンケアで正しい保湿を行なっていますか?…

    化粧水=保湿ケアは間違ってる? 正しい乾燥スキンケア!!
  7. お酢の効果ってこんなにすごいの?すぐにお酢を取り入れた料理を!

    お酢の効果ってこんなにすごいの?すぐにお酢を取り入れた料理を!

    昔から、お酢は体に良いと言われてきて、トレーニング後の食事などでお酢…

    お酢の効果ってこんなにすごいの?すぐにお酢を取り入れた料理を!
  8. 体を支える大切な筋肉 脊柱起立筋とは

    体を支える大切な筋肉 脊柱起立筋とは

    筋トレ初心者の方にとって、脊柱起立筋はあまり馴染みのない…

    体を支える大切な筋肉 脊柱起立筋とは
  9. 【芋類の効能は全部一緒?】普段食べている芋類の効能とは?

    【芋類の効能は全部一緒?】普段食べている芋類の効能とは?

    日常生活の中でよく接するポテトチップスから始め、和食のとろろ、そしておで…

    【芋類の効能は全部一緒?】普段食べている芋類の効能とは?

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP