肌を出す機会が多くなる夏!海に行くときや、バーベキューをするときなどに持っていく必需品といえば、日焼け止めですよね!皆さんはどんな日焼け止めを使っていますか?
日焼け止めを見てみると、SPFとかPA+++などの表記が書いてありますよね、この表記、どんな意味合いがあるのかあなたはわかっていますか?
これからの夏に向けて日焼け止めを購入しようと考えているそこのあなた!しっかりと肌を守るためにどのような効果があるのか知り、シミやそばかすを作らないように心がけましょう!
今回はそんな日焼け止めの効果について紹介していこうと思います。

SPFって何?

SPFサン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略です。
紫外線にはUV-A,UV-B,UV-Cと3つに分類することができるのですが、SPFはこのUV-Bを防ぐ力の大きさを表しているのです。
UV-Bは、強いエネルギーを持っており、日焼けしたときに肌が赤くなるように、サンバーンをもたらします。また肌細胞を傷つけるため、メラニン色素が過剰に作られてしまい、シミや皮膚がんの原因となっています!
SPFの数値は、紫外線が当たりだして、日焼けするまでの時間をどれだけ遅くできるか表しています。SPF30であれば、30倍遅らせることができるしSPF50であれば、50倍遅らせることができるのです。
なので、この数値が高いからと言って、日焼けをしないというわけではないのです。

PAってなに?

PAプロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UVA)の略です。
これは紫外線のUV-Aに対する効果の高さを表しています。UV-Aは肌の奥深くまで届き、肌の細胞を傷つけるため、肌のコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。これにより肌の老化が早まってしまい、肌のしわやたるみを発生させてしまうのです。
PAの隣には、+が表記されているのですが、この+が多いほど、その効果が大きいことを表しているのです。
意外とSPFの数値ばかり気にしている人も多いかもしれないのですが、SPFの数値は遅らせる時間を表しているので、肌の老化をきにしている方は、こちらの数値を気にしてみるほうがいいかもしれません!

数値が高ければいいって本当?

数値が高いから日焼けをしないというわけではありません。数値が高ければそれだけ肌への負担も大きくなるのです。野外へ少しお出かけする時には、SPF20 でも十分なのです。
また、日焼け止めの成分のなかには、紫外線が内部に侵入するのを防ぐ「紫外線吸収剤」と紫外線が肌に当たるのを防ぐ「紫外線散乱剤」というのが入っています。SPF数値が高ければ、これらの成分が入っている量も多くなるのですが、つけすぎると肌の酸化や、乾燥につながり、肌荒れの原因になってしまうのです。

日焼け止めの効果的な使用方法は?

汗や脂などで取れてしまうので、こまめに塗り直さなければなりません。またSPFに入っている吸収剤や散乱剤などの成分も永続的ではなく、吸収には限度があるため、何回かに分けて塗るほうが効果はあるのです。メイクまでやり直すのが面倒くさいという人は、最近では、スプレータイプの日焼け止めも販売されています。用途によって使い分けてもいいかもしれません!

まとめ

  • SPFは日焼けの時間を遅らせる効果がある
  • APは+が多いほど、UV-Aに対する効果が大きい!
  • 日焼け止めをつけすぎると肌の老化や乾燥をもたらす危険性がある
  • 一度にたくさんつけるのではなく、こまめに塗ることで効果大!!

〈参考サイト・文献〉
ヘルスケア大学(http://www.skincare-univ.com)
ドクターシーラボ(http://www.ci-labo.com



The following two tabs change content below.
野澤哲也
静岡県浜松出身。サッカー競技歴15年、6歳からサッカーを始め、Honda FC U-18でプレーする。しかし、このままサッカー一本での道に不安を感じ、スポーツ推薦でなく、大学への進学を行う。大学では、スポーツ科学を中心にスポーツと体の関係を研究。シックスコーポレーションでは、トレキャスでのメディアディレクションを担当。大好物は、葉物野菜。

関連記事

  1. トレーニングすることって結婚することと似ていませんか?

    トレーニングすることって結婚することと似ていませんか?

    みなさん、トレーニングしていますか?最近、ふと気づいたことがあります…

    トレーニングすることって結婚することと似ていませんか?
  2. 効果はヨーグルト以上?!ケフィアに秘められたすごい力!

    効果はヨーグルト以上?!ケフィアに秘められたすごい力!

    近年、胃腸の状態を整える「腸活」が流行っていますよね。ヨーグルトなど…

    効果はヨーグルト以上?!ケフィアに秘められたすごい力!
  3. あのスポーツ選手も食べている?!謎のフルーツ、デーツとは

    あのスポーツ選手も食べている?!謎のフルーツ、デーツとは

    最近、やたらとドライフルーツが流行っていますが、正直どれを選んで食べ…

    あのスポーツ選手も食べている?!謎のフルーツ、デーツとは
  4. ビタミンCはレモンに匹敵するほど! れんこんの効能と美味しい食べ方

    ビタミンCはレモンに匹敵するほど! れんこんの効能と美味しい食べ方

    たくさんの穴があいていて「先を見通せる」という意味合いから、縁起物と…

    ビタミンCはレモンに匹敵するほど! れんこんの効能と美味しい食べ方
  5. エラスチンって聞いたことありますか?あなたの肌にも関係している!

    エラスチンって聞いたことありますか?あなたの肌にも関係している!

    エラスチンと聞いても、ピンとこない方がほとんどだと思います。自分…

    エラスチンって聞いたことありますか?あなたの肌にも関係している!
  6. この夏、汗の効果を知っていい汗をかこう!

    この夏、汗の効果を知っていい汗をかこう!

    夏になると厄介なのがやはり汗ですよね!ベトベトするし、臭くなるし…

    この夏、汗の効果を知っていい汗をかこう!
  7. セサミンがどんな成分か知っていましたか?ゴマに含まれるセサミン!

    セサミンがどんな成分か知っていましたか?ゴマに含まれるセサミン!

    テレビや雑誌で「セサミン」という言葉はなじみがあるという方は多いと思…

    セサミンがどんな成分か知っていましたか?ゴマに含まれるセサミン!
  8. 豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方

    豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方

    日本の食文化にかかせない「出汁」として古くから親しまれてきた昆布。実…

    豊富な食物繊維がお腹の調子を整える! 昆布の効能と選び方・食べ方
  9. 【炭酸水にも種類がある!?】正しい炭酸水の選び方!!

    【炭酸水にも種類がある!?】正しい炭酸水の選び方!!

    最近じわじわと広まっている炭酸水。ダイエットにも効果があるといわれて…

    【炭酸水にも種類がある!?】正しい炭酸水の選び方!!

おすすめ記事

月を選択

PAGE TOP